∮☆あおぞら☆∮

あおぞら

【マスター】とみピカ
「活動拠点】F鯖音島コーラルビーチ
MMORPGトリックスター0内のギルドあおぞらメンバーによる活動紹介や、ギルメンからの日記投稿が主のブログです。


リンク


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


ブログ内検索


著作権表記

当サイトで使用している画像は主に オンラインゲーム
『トリックスターラブ』プレイ中の画面を取り込んだ物です。
画像の著作権は以下に帰属します。
Copyright(C) 2006 GCREST, Inc. All Rights Reserved. (C)Copyright 2006 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved. Ntreev and Trickster are registered Trademarks.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
200X年、巨大秘密組織「G」による全世界「羅無(らぶ)化」計画が発動された。

それにより、人々はかつての生活の変化を余儀なくされた。

それだけでなく、カバリア遺跡が急に暗くなったり、スロット付き装備のはずがスロット無しなど、これって仕様なの?と聞きたくなる横暴っぷり・・・

人類は、「G」の炎につつまれた。

そんな世の不条理に、一人のヒーローが立ち上がった!!

その名は・・・

フォーエバーミルキーマン!!

第3話 「楽園(パラダイス)に潜む野望!砂漠の星は昼も輝く。」

<おもな登場人物>
・フォーエバーミルキーマン:神出鬼没、正体不明の哀のヒーロー。
・助手:Fミルマンのよき理解者。そしてよくネタに付き合わされる。

<あらすじ>
なんとなくなりゆきでヒーローになってしまったミルキーだったが、Gの野望を止めるべく今日も自宅でポーズの練習をしているのであった。


Fミ「フン!(`-´ )

 はーっ!!( ゜0゜)

 てやーー!!!(*´д`*) 」
※↑ 鏡の前でポーズ取ってるところ

助手「・・・(-_-;)
 (先輩またあのヘンなかっこうしてる・・・ どうやら気に入ったみたいでスね・・・)」

Fミ「ふ、こんなものか、いや、右手はグーのほうがいいかも・・・?
 どう思う助手よ?」
助手「どっちでもいいでスよ・・・
 それより先輩、本気でGと戦うんでスかー?」
Fミ「当たり前だ! テンション下がること言うなよー

 というわけで、今日もパトロールに行ってくるぞ!
 ふはははは!!

助手「ちゃんと夕ご飯までに帰ってきてくださいよー・・・」

フォーエバーミルキーマンは今日も元気にパトロールに励むのであった!


マリンデザートにたどり着いたフォーエバーミルキーマン・・・

fm090929s01
Fミ「ふぅ・・・ 勢いあまって来てしまったが、初心者地域だけあって平和だなー
 まあ、いいことだが・・・
 おや、あれは・・・?」

うしっち「くらえ! ハードアタック!!」

カモノハシ「カモーー><」

うしっち「フー、やったか! うっ!ダメージが!」
ひつじちゃん「うしっちさん、いま回復するですの! リカバリー!」
うしっち「すまないな、ひつじ!」
ししくん「おーいみんなー、全員の分の手紙、ちゃんと掘れたよ!」
ひつじちゃん「やったですの! みんなでクエストクリアですの~♪」
うしっち「おぅ! さっそく報告に行こうぜ!」

Fミ「おお! あれは通りすがりの初心者冒険者のみなさん!
 うんうん、あれこそまさにトリスタのあるべき姿だなぁ^^」

?「イタイイタイ、いたいよー、踏んでる、踏んでるスター!」

Fミ「ん、足元から声が・・・」

fm090929s02
Fミ「なんだ、ファンスライムか」

?「もー、踏んづけたのに気づかないなんて、ひどいよー」
Fミ「ごめんごめん、ってあやしいファンスライムだな?
 はっ!! もしやお前、Gの手先じゃなかろうな!?」

?「ち、ちがうよー、ぼ、ボクはスターくん。マリンデザートのスターさ」
Fミ「スターくんだと? 聞いたことないな~・・・」
スター「しょ、証拠を見せよう!

 お~い、子供たち~!

ドドドドドドドドドドド

子供たち「スターく~ん!!」

なんとパラダイスの子供たちがかけつけた!

スター「フフ、どうだい?
 ボクはこのマリンデザートの地域活性化のために生まれた、
 子供たちのスター、その名もスターくんなのさスター!」
子供A「スターくんかっこい~」
子供B「スターくんかわい~」
子供C「スターくんさいこ~」

Fミ「なんだ!?この圧倒的な支持は!!」

子供たち「こらー、ヘンなヤツ! スターくんをいじめるなー!!」

Fミ「ぐは! 子供たちにこの私の存在が浸透していないのと、ヘンなヤツ呼ばわりはダブルでショックでかいぞ!」

スター「ボクの人気の高さがわかったかな?
 ついでに、パラダイスではこんなグッズも販売しているのスター」
fm090929s03
(※ 販売はすでに終了しております。ご了承ください)

Fミ「おお! 欲しいものからいらないものまで!!」
スター「どうだい? スターだからこそ、このグッズ販売が可能なのさスター」

Fミ「くそー、今はやりのゆるキャラというやつか・・・
 まあでも、悪さしてないならいっか。
 ではさらばだ! 子供たち&スターくんよ」

スター「(ふー、あぶないところだったー・・・)
 さ、さー、みんなボクと一緒に遊ぶスター^^!」

フォーエバーミルキーマンはその場を立ち去った。
fm090929s04
・・・と、みせかけてものかげから見張っていたのであった!

・・・

スター「さー、みんな今日はこのアイテムで遊ぶスターよ~」

子供A「わー! このアイテム、足がすごく速くなるよー!」
子供B「こっちのポーションもぜんぜん重くなくてすごいよ!」
子供C「わたしのドリルもすぐ掘れて、TM経験値もいっぱい入る!」

子供たち「スターくんありがと~^0^」
スター「あはは、全部お試し品で3時間しかもたないけど、みんなで十分遊べるスターねw」

(Fミ「、なんだあのスター野郎、配ってるアイテムはどれもこれもマイショップの課金アイテムばかりじゃないか!?
くそー、スターだけあって気前もいいってことかー!?
・・・ていうか天外なんてこの私も買ったことないぞ!!(涙」)

スター(ぐふふ、みんなあんなに夢中になって・・・
こうやってまだ小さいときから課金アイテムに慣れさせておき、課金アイテムの便利さにおぼれさせ、そしてオトナになっても課金をやめられなくする作戦・・・ 完璧だスター!)

???「ちょっと待ったーー!!」

スター「だ、だれスター!?」

Fミ「もちろんフォーエバーミルキーマンだ!!
 このスター野郎! 全部聞こえていたぞ!」
スター「げ、まだいたのかスター!?
 というか、あんなに小声だったのに!?」

Fミ「ザンネンだったな、この私は地獄耳なのだ!」

スター「なにー! ヒーローらしからぬ特徴スター!!」

Fミ「Gの手先め、観念しろー!」
スター「う、うう・・・
 だ、だがこのボクには子供たちという味方がいるのスター!」
子供たち「スターくんはぼくらの友達だー!」
スター「そういうことスター・・・
 それに、このカワイイボクを倒しちゃってもいいのかスタ~?」

fm090929s06
↑ カワイイ・・・?

Fミ「くそー、子供たちの信頼も厚いとは!
 しかも、なんてカワイイんだ(*´ω`*)」
スター「そういうわけスター! おとなしく帰るといいスターよ!」
子供たち「かえれーかえれー!!」

Fミ「うぐぐぐ・・・ なんとかあの化けの面をはがさぬ限り、この私に勝ち目は無いようだな・・・

 どうしたものか・・・

 そうだ! いいことを思いついたぞ!
 このスター野郎、ちょっと待ってろー!!」

スター「・・・さ、さー、あんなヘンな人はほっといてみんなで遊ぶスタ~・・・」


それから15分後・・・

Fミ「待たせたな!」
スター「うわ! また来たスターか!?」

Fミ「これを見るがいい!!」

fm090929s05
↑ 時間ぎりぎりまでねばって狩りまくった大人気ない記録

スター「なー!! ボクの子分たちがー!!」

ファンスライムたち「あ、アニキー、すまねぇ、やられちまったよー」

スター「おのれー、ゆるさんぞーFミルマン!!
 このボク、ファイブ・スター様を怒らせたなー!!」


Fミ「やっと本性を現したな!」

5スタ「このボクを怒らせたことを後悔させてやるスタァ!!

 いくぞ! スター・スピン・カッター!!

ファイブスターが高速回転してフォーエバーミルキーマンにおそいかかる!

ビシビシビシビシビシビシビシビシビシ・・・

Fミ「うおー、ヒレが当たる!!
 いた、いたたたた! ダメージは低いが、これは地味に痛いぞ!!」

5スタ「どうだスター!? お前の体力をじわじわ奪うスターよ?」
Fミ「くそ、いくら私のHPが9000あるといっても、この連続攻撃を受け続ければ、いずれはやられてしまうぞ!?

 ええーい、反撃だ! 必殺のフォーエバーミル・・・

 !?
fm090929s06
5スタ「スタ~~ン」

Fミル「か、カワイイ(*´ω`*)」

子供たち「がんばれスターくん!! ワルモノをやっつけろー!!」

ビシビシビシビシビシビシビシビシビシ!!!!

Fミ「いたたたたたた・・・
 いかん、やつのカワイイ姿に見とれてしまう!
 おまけに子供たちの視線も痛い!」

5スタ「このままおとなしくやられるスター!!」

Fミ「うう、このままでは・・・」

フォーエバーミルキーマンは遠のく意識の中、あることを思い出していた・・・

(そういえば、かつて地球に見た目がとってもかわいいエイリアン、その名も『かわいいエイリアン』が襲撃したとき、そのあまりのかわいさゆえに兵器で攻撃するのはかわいそう!ってことになって、ならばこちらもかわいさで対抗だということで、一人の陸上防衛隊の少女がそのかわいいエイリアンたちに立ち向かったという・・・
つまり、
かわいさに対抗できるのはかわいさのみということ・・・!

Fミ「ふ、ふふふ・・・」
5スタ「なんだスター!? あまりの痛みに気が狂ったかスター!?」
Fミ「私は十分カワイイ!
 なので、カワイイお前を倒してもなんら問題は無い!!」


5スタ「な!?
 自分をカワイイと言い張るなんて、
 なんて都合のいい判断なんだスター!!」

Fミ「うっさい! お前に言われたくないわー!!」

Fミ「お遊びはここまでだ!
 くらえ!必殺のフォーエバーミルキーボンバー!!!」

fm090929s07
(※ザコとはいえ最大ダメージを出すために装備はもちろん変えてあります)

Fミ「お前の野望もまさしく星屑となって消え去るのだ!!」
5スタ「ぐはーっ!! 完璧な作戦だったのにスター!!」

びきびきびきびき・・・
ばらばらばらばらばら・・・

ファイブ・スターは粉々にくだけちった!!

Fミ「ファイブ・スター、かわいさを武器にするという恐ろしい敵だった・・・
 だが、この私がカワイイということを知らなかったことが
 お前の敗因だ・・・ 安らかに眠るがいい・・・

 さぁ子供たちよ悪は倒した!もう安心だ。
 このフォーエバーミルキーマンをたたえるといい・・・」


Fミ「・・・ん、あれ?」

子供A「す、スターくんが・・・」
子供B「ば、バラバラになっちゃった・・・」
子供C「あわわわ・・・」

Fミ「・・・(-△-;)」


かくして、目の前でゆるキャラがバラバラに砕け散るというトラウマを子供たちに与えつつも、Fミルマンのおかげでマリンデザートの平和は守られたのであった!

これからも平和のために戦い続けろ! フォーエバーミルキーマン!!!

次回につづ・・・くといいな~。


~出演~

ミルキー/フォーエバーミルキーマン ・・・ ミルキーさん
助手 ・・・ 助手(イエ ローフェアリー)

初心者パーティのメンバー ・・・ 通りすがりの初心者のみなさん

ファイブ・スター ・・・ ファンスライム

子供たち ・・・ パラダイス小学校のみんな(特別出演)

ナレーション ・・・ 助手

~協力~
マリデザ振興組合

~原作~
ミルキーさん「哀の戦士 フォーエバーミルキーマン」

~企画・製作・編集・文・撮影・画像加工・その他もろもろ~
オフィス ミルキー

~ブログ協力~
(株)あおぞらの下で

毎回ありがとうございますー orz

この物語は半分フィクションです。本気にしないでね☆


Gのモンスターファイル No.003
fm090929s02
・なまえ : ファイブ・スター
・すがた : ヒトデがた
・つよさ : ★
・せいそくち : マリンデザート
・とくちょう : Gのめいにより、パラダイスのゆるキャラとしてふるまっていたファンスライムたちのリーダー。かきんアイテムをつかってこどもたちのきをひき、しょうらいてきにはいかきんしゃにしてしまおうという、おそるべきさくせんをじっこうしていたが、そのやぼうもろともFミルマンによってうちくだかれた。
・ひっさつわざ : みずからこうそくかいてんし、ヒレでなんどもこうげきする「スター・スピン・カッター」


お・ま・け☆

以前、月影姫さんのコメントに「バニーすがたのFミルマンが見たい」との要望がありましたので

今回特別に

ミルキーさんのうれしはずかしバニーすがたをご用意いたしました(*ノωノ)!

ちょっと刺激が強いかもなので、心して見るべし!!



















準備はいいかな?
それではゆっくり見てね♪

↓ (before) ふつうのミルキーさん
fm090929s08
↑ (after) フォーエバーミルキーマン・バニーングフォーム

どうだったかな?(*´д`*)

なんとバーニングフォームと一字違いというこの紛らわしさ!


え!?

バニー違いだって!?

な、なんのことやら・・・(; ̄3 ̄)

あっちのバニーを想像した人は、θ画伯にそのうち描いてくれるように、お願いしましょうw



最後に、9月の3連続ネタを書かせていただきましてどうもありがとうございます!!

また機会があったらお会いしましょう ^0^

あとがき&コメ返し

 またしてもFミルマンを書きました。 あおぞら関係者様ならびに、楽しみにしてくれた方、また運悪く読んでしまった方も、書かせていただいてありがとうございます。
 前回(?)からあんまり期間も離れていないので、サクサク読んでいただけるように、今回は原点に立ち戻ってネタ作りをしたんですが、いつものごとく長くなってしまいました。 第8話での、あのスムーズかつスピーディな、必要最低限に凝縮されたストーリーを去年は自分でも書けたとは思えないほど、腕が落ちたなぁと実感してしまいました。
 今回はいつにも増して、Fミルマンの暴走っぷり&ヒーローっぽさが出せたと思います。 やっぱり子供に付け入るのは悪の組織の基本ですからね(笑
 また、初心者地域ということで、トリスタのプレイヤーキャラたちも登場しています(なぜか魅力型だけいませんが・・・)。 そして作中でFミルマンも言っていますが、これこそトリスタのあるべき姿、だったらいいなと私も書いてて思いました。 彼らはかつての、私のあおぞらギルドでお世話になった経験をもとにしておりまして、あおぞらがまた活気を取り戻してくれれば、という願いも込めて登場させました。 まぁ、それほど重要人物でもないんですが・・・(笑
 今回の敵役のスターくんなんですが、たしかラブ化前はモンクエもクエストアイテムにも引っかからない地味なモンスターだった気がするので、ここぞとばかりに選びました。 3話目の敵キャラとしてはちょうどよかったかなと。 そうそう、私は別にゆるキャラが嫌いではないんですが、あのような結末にしてしまいました・・・ そして最後の、おまけの敵キャラ紹介はいかがでしたでしょうか? ああいう説明がカードの裏とかに書いてあったらおもしろいんですけどねw 機会があったらまた書いてみたいです。
 次回があるかどうかもわかりませんが、第何話目あたりが見たい!というのがありましたら、ぜひご意見をお聞かせください。
 ちなみに、バニーングフォームは本編には出てきません(笑)

>バーデs様
 例えるなら、私がマイキャラにバニーを選んだ、いわば宿命というやつですね… F.S.S…? すいません、またわかりませんでした;; まだまだ私も修行が足りませんね^^; Fミルマンには主題歌もBGMもありませんが、こればかりは各自でご想像ということでw

>箏杷(θ)様
 ゴスタはみんなの心の中にいるんですよ、きっと・・・ まぁそれはそれでちょっとコワイですねw 第3話の時点ではゴスタはまだ登場してませんが、今回は読み方をあえて「5スタ」にして、みなさんの反応をうかがおうと思ってましたw

ファイブスターも5スタ・・・だと・・・!?
俺の身近にももっと他のゴスタが
既に潜んでいるのかもしれない・・・

バニー・・・
そのcg探してみよう(私は書きませn

そしてF.S.S ならぬ F.S.D w
FSSからBGM探してupしてみますね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © あおぞらの下で all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。